人が人を看る。

 「患者」と呼ばれる人から「信頼」していただくには 高度な技術もさることながら大きな愛なくして 得られるものではありません。本校はそんな人材育成を目的に設立されました。
 人が人を看るということは、人が人とスキンシップするということです。

学校長あいさつ

医療の更なる発展のためにチャレンジしませんか。

 医学の飛躍的な進歩に伴って看護領域の進歩もめざましく変遷してきました。患者様に対する看護のさらにいっそうのきめこまやかさと心からの対応が要求されています。単に病気の人を見るということだけでは許されない状態となっています。
 学校法人浅ノ川学園「金沢看護専門学校」は医学の進歩に遅れないためにも、また、医療の更なるレベルアップのためにも大きな役割を担っています。医療法人社団浅ノ川の中心に位置する浅ノ川総合病院をはじめとして、心臓血管センター金沢循環器病院、金沢脳神経外科病院、桜ヶ丘病院、千木病院等多数の施設を有し、臨地実習が十分できる体制が構築されています。
 このような恵まれた環境のなかで充実した学生生活を十分に堪能することができます。その学生生活を支えるために、経験豊かな教員、指導者が学生の皆様方のために親切丁寧な指導を心がけ、一緒に考え行動することにより看護師としてのあり方が自然に身についていきます。
 本校で勉学、学習することにより看護師への道が大きく開かれてくるものと思われます。石川県の、さらには日本の医療の発展のために皆様方と力を合わせて看護の道を切り開いていきたいと思います。





教育理念

 金沢看護専門学校は、社会に貢献できる看護師の育成を目的に、人間愛を基盤とし、生命(いのち)を尊重し、社会的思考に基づいた看護の実践力を身につけ、専門職業人としての自己の責務を自覚し、社会の変化に対応できる看護師を育成する。